トップページ >  悩み別 乾燥肌化粧水 >  30代乾燥肌化粧水

30代女性の乾燥肌対策

肌が乾燥が目立ち始めます

30代になると乾燥による小じわ、くすみ、シミなどの肌トラブルが増えます。女性ホルモンは20代をピークに減少しはじめ、コラーゲン生成能力が少しずつ低下。さらに、ターンオーバーが遅れ始め、バリア機能も乱れやすくなります。ここでは30代の保湿、美肌対策について紹介します。

●バリア機能改善
乾燥や外部刺激には角質層のバリア機能が重要です。ヒト型セラミドを配合した化粧水、美容液等を使用するのがおすすめです。セラミドにはヒト型をはじめ、天然セラミド、擬似セラミドがあります。その中でもヒト型セラミドは肌に元々存在するセラミドと同じ形をしているため、細胞間の隙間をしっかり埋める作用があります。

●紫外線、UVケア
30代以降、ターンオーバーは遅れ始めると、セラミドが減少し、バリア機能が乱れやすくなります。その結果、紫外線によって炎症が発生し、肌荒れやシミ、大人ニキビなどが発生します。セラミドでバリア機能を改善しつつ、UVケアもしっかり行うことが大切です。日中のお出かけにはパウダーファンデーション、海、山などの長時間の外出には日焼け止めクリームはしっかり塗る事をおすすめします。

●血行促進
血行不良になると細胞の分裂活動は低下します。その結果、ターンオーバーの遅れ、バリア機能の乱れなどが発生します。血行促進には日頃からウォーキングなどの適度な運動が大切です。その他、食事にも注意が必要です。動物性タンパク質の摂り過ぎに注意し、オメガ3脂肪酸(DHA,EPA,亜麻仁油など)や納豆などの食事も取り入れる事をおすすめします。また、しっかりと睡眠を取ることも血行促進には欠かせません。

30代 乾燥肌化粧水ランキング BEST3

アヤナス
価格:1,680円 送料無料
角質の水分量を保持するヒト型ナノセラミドを配合した化粧水、肌の表面をカバーするベントナイトを配合したクリームでしっかり保湿。CVアルギネートがコラーゲンの生成を促進することで肌のしわ、たるみ対策。さらに炎症を予防するコウキエキスを配合しています。
つつむ
価格:1,470円 送料無料
ヒト型ナノセラミドを配合した化粧水、クリームが角質層の水分を保持。さらにアミノ酸が細胞に潤いを補給します。
ヒフミド
価格:980円 送料無料
ヒト型セラミドを配合した化粧品セット。角質細胞間脂質をたっぷり補給し、肌水分の蒸発を防止して肌荒れを防止。
セラミドでバリア機能改善!


ヒト型セラミドで潤いを保持
炎症、酸化を抑える植物エキス配合
代謝を活性化する植物エキス配合

アヤナスは化粧水、美容液、クリームのセット。それぞれにヒト型セラミドを配合。ヒト型セラミドは人の皮膚にあるセラミドと同じ形をしているため、肌バリアをしっかりと改善します。

その他にもアヤナスには植物エキスなどをたっぷり配合。肌荒れを引き起こす炎症を抑制するコウキエキス、コラーゲン合成をサポートするビルベリー葉エキス、CVアルギネートなども配合し、エイジングケアを促進します。
アヤナスの公式サイトへ


30代女性のスキンケア



30代になると女性ホルモンなどの影響をうけ、少しずつ肌トラブルが増えてきます。代謝が低下すると、ターンオーバーが遅れ始めます。その結果、乾燥やシミなどの肌老化症状が現れます。また、加齢や紫外線、ストレスなどによって活性酸素も増加します。活性酸素は肌老化の要因になります。ここでは30代のスキンケアについて紹介します。

●シミ、美白ケア
30代で気をつけたいのが紫外線によるシミ対策です。ターンオーバーが遅くなると、メラニン色素が排出されずにシミに変化します。特に紫外線によって発生するシミは年齢とともに濃くなります。

シミ対策にはビタミンC誘導体、アルブチンなどを配合した化粧水が有効です。出来てしまったシミへの効果は殆どありませんが、シミの元になるチロシナーゼ酵素を阻害してシミを予防します。

●抗酸化ケア
肌老化の原因に活性酸素があります。活性酸素は細胞代謝の低下、メラノーマへの刺激によるシミの原因となります。活性酸素を阻害するためにはカロテノイドやポリフェノールが有効です。

・カロテノイド
カロテノイドとは油分に溶ける抗酸化物質です。有名なのがアスタキサンチン、リコピンです。アスタキサンチン、リコピンは紫外線によって発生する活性酸素を阻害し、シミの発生を予防します。アスタキサンチンはサケ、蟹、エビなどに、リコピンはトマトに含まれています。

・ポリフェノール
ポリフェノールはカシスやブルーべりなどに含まれる水溶性の抗酸化物資です。ポリフェノールには血流を改善する作用があり、目の下のクマの改善、シミ予防に有効です。

●オメガ3脂肪酸
オメガ3脂肪酸は魚の脂に含まれるEPA、DHAをはじめ、亜麻仁油やエゴマ油に含まれるαリノレン酸の事です。オメガ3脂肪酸には血流改善による代謝促進作用、炎症などの肌荒れを減らす働きがあります。


年代別乾燥肌化粧水

20代乾燥肌

皮脂の分泌、角質の水分も十分ですが、20代後半から徐々に乾燥肌に。肌水分を補給する化粧水について
詳しい情報はコチラ

30代乾燥肌

乾燥から肌が老化しやすくなる30代。角質層に水分と脂質を補給してバリア機能を改善する化粧水について
詳しい情報はコチラ

40代乾燥肌

女性ホルモンや肌水分が減少してくる40代。角質の水分保持、コラーゲン対策が欠かせません。
詳しい情報はコチラ

50代乾燥肌

女性ホルモンが大幅に減少する50代。乾燥、活性酸素、コラーゲン減少などによる肌老化対策。
詳しい情報はコチラ

アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
30代女性におすすめの乾燥肌化粧水について。20代に比べると一気に乾燥しやすくなる30代におすすめの化粧品、保湿ケアを紹介。