妊娠線を改善する方法

妊娠して5ヶ月、妊娠中期頃から心配なのが妊娠線です。妊娠していると肌は非常に敏感で、乾燥しやすくなります。また、つわりがおさまる5ヶ月目以降は少しずつお腹が大きくなり、体重や脂肪が増えます。そして乾燥などによって妊娠線が出来やすくなります。

妊娠線を予防するために大事なのが保湿です。妊娠中はホルモンバランスの変化などによって肌は敏感になります。そのため、乾燥、肌荒れ、痒みなどの肌トラブルも発生しやすくなります。そこで使用したいのが妊娠線予防クリームです。

・妊娠中の保湿ケアで、痒みと妊娠線を予防
妊娠中期から後期にもなれば、お腹もぐんぐん大きくなるために、それに伴い皮膚も急激に引き伸ばされることになります。 このとき皮膚の下にある筋組織も引っ張られて刺激をうけます。 このときの刺激が痒みとなり、妊娠線も出来てしまいます。

ですから、妊娠後期にお腹の痒みを感じるようになったら、妊娠線が出来る可能性も高いので注意が必要です。 また妊娠中には、プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンも分泌されるために、肌も乾燥しやすくなり、少しの刺激にも敏感になってしまいます。妊娠線には徹底した保湿ケアで予防することが大切です。

・妊娠線対策のクリームはいつから塗るのがおすすめ!?
妊娠中の保湿ケアは、痒み予防と妊娠線予防が目的となります。 一般的な保湿剤でも良いですが、妊娠線対策用のクリームを選ぶのがおすすめです。 妊娠線クリームにはいろいろなものが販売されていますが、どれも、妊娠中でも安心して使えるよう、低刺激でホルモンバランスなどにも配慮されています。

使い始めるのは、早ければ早いほど良いです。 安定期に入る5か月目くらいから保湿ケアをスタートするのが理想的です。 クリームをたっぷりと丁寧に、こまめに塗ることが、妊娠中の保湿ケアでは大切です。 お腹周りだけでなく、太ももやバストも急激に大きくなり、妊娠線ができやすいので、このあたりも丁寧にケアしていきましょう。

妊娠線の保湿ケアでは、使用するクリーム選びも大切です。 伸びが良いものやべたつかないものなど、使用感が良いものを選びましょう。

●ヴェレダ


妊娠線予防クリームで人気なのはヴェレダのマザーズボディオイルです。ヴェレダのボディオイルは自然原料のみのオーガニック生産にこだわり、合成の保存料や香料、鉱物油などは使用していません。アーモンドオイルやホホバオイルは人の皮脂に近い植物性油脂を配合し、肌をしっかり保湿します。炎症を抑えつつ、代謝を良くするアルニカ花エキスも配合し、妊娠線を予防します。

●ピジョン


ピジョンのボディマッサージクリームも人気のある妊娠線予防クリームです。ビジョンのクリームには天然油脂であるシア脂を配合。ボディ表面をしっかりカバーします。他にも保湿作用のあるコラーゲンとヒアルロン酸をはじめ、肌のハリを改善するパルミトイルトリペプチドも配合。保湿と代謝向上作用で妊娠線が出来るのを予防してくれます。ニオイもなく、しっかり伸びて肌を保湿します。

●オーガニックマドンナ


オーガニックマドンナのボディクリームも人気です。オーガニック成分95%で、合成の香料や着色料、パラベンなどの刺激成分は無添加です。アルガンオイル、シア脂、ホホバオイルなどの植物性油脂が肌の表面をしっかりカバーし、外部刺激の侵入を抑制。 さらにアロエベラ葉水、小麦ペプチドが肌をしっかり保湿。油分ですが、べたつくこともありません。オーガニックレモンの香りだからリラックス効果もあります。

関連する記事

女性ホルモンのバランスを改善する方法について
乾燥やシワ、たるみの原因なる紫外線対策の方法
ファンデ、UVケアを一つでこなすBBクリームの詳細
スキンケアが一つでこなせるオールインワンゲルの特徴
アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
妊娠すると肌は敏感になります。また、お腹が大きくなるに連れて、妊娠線ができやすくなります。妊娠線を改善するための方法、クリームなどを紹介します。