トップページ >  乾燥肌対策の基礎知識 >  プロテオグリカン

プロテオグリカンの効果

プロテオグリカンとは軟骨の主成分である糖タンパク質の一種です。鮭の鼻軟骨から抽出する事が可能になり、化粧品やサプリメントなどでも幅広く配合されるようになりました。プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸と共に肌の保湿に欠かせない成分です。保水性に非常に優れ、乾燥肌の潤いケアにも使用されはじめています。テニアのプリマモイストシリーズなどに配合されています。ここでは保水力に優れたプロテオグリカンの効果について紹介します。



●保湿力
プロテオグリカンで最も注目されているのが保湿力です。ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があり、潤い成分をしっかり抱え込みます。化粧水などとして使用することで、角質層に水分をしっかり補給し、肌をふっくらさせます。ヒアルロン酸結合力にも優れ、保湿力も抜群です。

●EGF作用
プロテオグリカンには成長因子の一種「EGF」と似た働きがあります。EGFは細胞増殖をサポートし、ターンオーバーを改善します。角質細胞の代謝を促進し、バリア機能がしっかりすることで、肌の乾燥を抑制します。また、シミの元になるメラニン色素の排出なども促進します。

●ヒアルロン酸、コラーゲンの産生促進
プロテオグリカンにはヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進する作用もあります。コラーゲンやヒアルロン酸をつくる線維芽細胞細胞を活性化する作用によって、肌のハリや弾力の改善をサポートします。

●炎症抑制
プロテオグリカンには炎症を抑える働きも確認されています。乾燥による炎症や肌荒れの発生を抑えてくれます。アトピー性皮膚炎や乾癬などに悩む人にもオススメできます。サプリメントで摂取することもおすすめです。

プロテオグリカン化粧品「PG2ピュアエッセンス」の効果



「PG2」はプロテオグリカンの原液にこだわり。鮭の鼻軟骨から抽出された高濃度プロテオグリカンを使用しています。香料や防腐剤、パラベン、アルコールなどの刺激成分は一切使用していないので、敏感肌でも安心です。

PG2はべたつきなく、肌に潤いを補給します。プロテオグリカンは糖鎖と呼ばれる保湿成分が含まれています。水分をたっぷり吸収する働きに優れ、肌に潤いと弾力をもたらします。さらに、EGF様作用もあるので、肌細胞を活性化してターンオーバーを促進する作用もあります。プロテオグリカン自体は分子が大きいため、浸透力は少し落ちます。

PG2のおすすめポイント

潤いが持続

プロテオグリカン原液「PG2」はさっぱりとしたテクスチャーで、ベタつきがありません。浸透すると肌はしっとりします。プロテオグリカンはコンドロイチン硫酸などの糖質の複合体です。水分を吸収する作用に優れ、一度塗ると、長時間潤いが持続します。乾燥しやすい時期でも安心です。

ターンオーバー促進

鮭の鼻軟骨に含まれるプロテオグリカンには、EGFと似た作用があります。表皮の細胞を活性化し、ターンオーバーを促進します。ターンオーバーが改善すると、細胞間脂質が増え、肌水分の蒸発を抑えます。さらに、肌のハリ、弾力を改善し、シミの原因となる色素沈着の排出します。

炎症、肌荒れを抑制

プロテオグリカン原液には紫外線による炎症を抑える作用があります。紫外線による炎症はシミをはじめ、肌トラブルの原因となります。プロテオグリカンの原液は角質層に水分をしっかり補給し、バリア機能を改善。外部刺激の侵入をブロックし、肌トラブルを抑制します。

プロテオグリカン化粧品「PG2」の詳細

プロテオグリカンの原液を高濃度で配合。ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があり、肌に潤いが持続します。さらに、EGF作用でターンオーバーを促進し、ハリ、弾力、シミなどを改善します。
6,450円 送料630円
10ml
プロテオグリカン原液
保湿、ターンオーバー促進


関連する記事

バリア機能を改善するセラミドの種類、化粧水
ビタミンC誘導体の種類と効果について
乾燥肌を改善するための生活習慣
アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
保湿、ハリ弾力作用など乾燥肌の改善にかかせない保湿成分「プロテオグリカン」の特徴や効果について解説します。