美肌に欠かせない生活習慣

美肌維持の為には食事だけでなく、睡眠や運動などの生活習慣の改善は欠かせません。血行促進、代謝向上による細胞活性化などは日頃の生活習慣で大きく変わってきます。ここでは美肌を維持する生活習慣について解説します。

●睡眠
睡眠は美肌維持に非常に重要な役割をします。起きている時間は脳や内臓に優先的に血液は送られますが、睡眠時間中は脳への血液の流れは減り、成長ホルモンが分泌されます。肌や髪の毛に栄養素が送られることで細胞は活性化し、代謝が活性化します。睡眠不足になると血管の収縮や自律神経の乱れなどを引き起こし、肌が荒れやすくなります。睡眠は1日6時間は確保することをおすすめします。睡眠時間が確保出来ない場合は昼寝を取り入れることをおすすめします。



●運動
運動は血行促進、代謝の向上効果があり、薄毛対策には取り入れたいところです。有酸素運動は肺活量があがり、血行が良くなります。血行がよくなるとくすみが改善します。また代謝が上がることで肌細胞の分裂が活発になり、ターンオーバーも改善します。週に2~3回程度のウォーキングがおすすめです。できれば30分程度が望ましいですが、5分から10分程度でも効果があります。ストレッチも代謝改善に有効です。首を回したり、腕を伸ばしたりすることで血流は良くなります。

●お風呂
乾燥肌対策には入浴も重要です。入浴する際のお風呂の温度は40度以下にします。それ以上だと皮脂が溶けやすくなり、乾燥肌を悪化させてしまいます。38度から40度程度のお湯にゆっくりつかることで冷えや乾燥を予防します。入浴剤については合成着色料や香料などの化学合成物が入ったものは皮膚に刺激を与えます。あとは体を洗う時には刺激の強いものは皮脂や角質を剥がしてしまいます。タオル系の刺激のないものを選ぶようにし、ボディソープについても同じく化学合成物の入っていない低刺激タイプがおすすめです。特に冬場は炎症が起こりやすいので、肌に刺激を与えないようにすることが大切です。

関連する記事

乾燥肌対策におすすめの食事、栄養について
乾燥の原因となる紫外線対策について
乾燥肌の改善に役立つホルモンバランスについて
アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
乾燥肌対策、美肌対策に欠かせないのが生活習慣の改善です。化粧水だけでなく、日頃の生活を改善することが肌には重要です。ここでは睡眠や運動などについて解説します。