乾燥肌を内側ケアする食事、栄養素

乾燥肌対策には食事による内側からのケアも重要です。特に血行促進、新陳代謝の向上、抗酸化対策などは肌老化防止にも欠かせません。ここでは美肌を維持する為の栄養素や食事について紹介します。



●タンパク質
タンパク質はコラーゲンなどの肌を作る栄養素です。タンパク質はお肉、卵、魚、豆腐などに含まれています。また、これらの食品には体内で作ることができない必須アミノ酸が含まれ、肌だけでなく、髪の毛にも欠かせません。脂身の多いにお肉は脂肪になりやすいので、鶏肉や豚もも肉などがおすすめです。揚げ物は酸化しやすいので焼き料理や蒸し料理がおすすめです。

●ビタミン
ビタミンの中でも特に大事なのがビタミンA、B郡、C、Eです。
ビタミンAは肌の粘膜やターンオーバーを改善する作用があります。ニンジン、かぼちゃ、ほうれん草、うなぎなどに豊富です。 ビタミンB郡は代謝を促進する働き、過酸化脂質や皮膚炎を抑える働きがあります。レバー、卵、大豆、鮭などに豊富に含まれています。

ビタミンCにはコラーゲンを合成、シミの予防、抗酸化などの働きがあります。いちご、レモン、パプリカ、ブロッコリーなどに含まれています。 ビタミンEには活性酸素を除去する抗酸化、血流改善の働きがあります。かぼちゃ、アーモンド、アボガドなどに含まれています。

●ミネラル
ミネラルは体内酵素や血液、代謝の促進などに欠かせない栄養素です。亜鉛にはタンパク質の合成、細胞の活性化作用があります。牡蠣、しじみ、ココア、アーモンド、玄米、大豆、小麦などに含まれています。鉄分は血液、筋肉、コラーゲンの生成にかかせません。ひじき、アサリ、海苔に豊富です。

●不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸は血流改善、抗酸化、細胞膜の保護、老廃物の排出などをサポートする栄養分です。不飽和脂肪酸はオメガ3系脂肪酸とも呼ばれます。オメガ3は青魚や亜麻仁油、えごま油、くるみなどに含まれる栄養素です。食品で取れない場合、DHA,EPAのサプリメントでも補給できます。



●抗酸化食品
肌の老化の原因となる活性酸素は年齢と共に増えてきます。体にはもともと活性酸素を除去する酵素が存在しますが、年齢と共に減少します。血管や細胞にダメージを与える活性酸素を阻害する栄養素としてはビタミンC、Eがあります。その他にはポリフェノールがあります。ポリフェノールはブルーベリー、蕎麦、ゴマ、緑茶などに含まれています。ほかにも鮭などに含まれる「アスタキサンチン」、トマトに含まれる「リコピン」にも抗酸化作用があります。

関連する記事

女性ホルモンのバランスと乾燥肌について
乾燥肌とサプリメントの関係について
乾燥肌におすすめのアミノ酸の効果にういて

乾燥肌におすすめの食事



●こんにゃく
こんにゃくに豊富に含まれているのがセラミドです。セラミドは乾燥肌、敏感肌、アトピー肌に欠かせない必須脂肪酸です。角質層の細胞間脂質となり、肌の水分をしっかり保持します。コンニャクの中でもセラミドが最も豊富なのが生芋コンニャクです。お米の7倍以上のセラミドが含まれています。

コンニャクには食物繊維も豊富なので、便秘対策や血流改善作用も期待できます。低カロリーだからダイエット食でも人気です。セラミドはコンニャク以外にも小麦、大豆(豆腐など)、ヨーグルトなどにも豊富に含まれています。

●カロテン
カロテンも乾燥肌対策に欠かせません。ビタミンA、レチノールとも呼ばれ、肌の代謝活性化、ターンオーバーの促進作用があります。古い角質を取り除くことで、毛穴づまりや乾燥を予防します。カロテンはニンジン、かぼちゃ、ほうれん草などに豊富に含まれています。ビタミンAはアボガドと同時に摂ることで吸収されやすくなります。ただ、妊婦さんはカロテンの摂り過ぎはNGなので注意が必要です。

●玄米
玄米にも角質層の水分保持力を改善するセラミドが含まれています。玄米は栄養豊富で、低GI食品と呼ばれています。低GI食品は血糖値の上昇を抑え、ダイエットや糖尿病食などの用途でも人気です。ビタミンB2には脂質代謝を促進する作用があり、肌荒れやニキビに有効です。その他にも代謝を活性化するビタミンB1、ナイアシンなども含まれています。
アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
乾燥肌を内側ケアする食事、美肌対策に欠かせない栄養分などについて解説します